コミュニケーションを上手くとる方法

こんにちは、HILO・ストレッチの吉野です。

今回は、今まで投稿したことがない内容になりますが
少しでも、僕の経験がお役に立てたらいいなと思い投稿致します。

まず、自己紹介ですが
吉野弘之 31歳 双子の子育て中です。
国際武道大学 体育学部体育学科卒業後。東証一部上場企業 株式会社 東祥に入社。
ホリデイスポーツクラブ松本店に配属後、3年目で副店長を任してもらい5年間勤務。
その後、ドクターストレッチに転職しストレッチ技術を習得、1年で指名件数120名。
2年前、HILO・ストレッチ開業。
現在は、毎月100人を超えるお客様を担当しております。
これまでに、約7000人の身体をストレッチさせていただいております。

そんな僕が、毎月100人を超えるお客様を1から集客をし、どう継続してもらえているかを
書かせていただけたらと思います。

僕は、もともと人見知りでスポーツクラブ時代は最初お客様と全然話が出来ませんでした。
それでも、独立開業し一人でも100人のお客様を担当できています。

ぜひ、トレーナーでなかなかお客さんがつかない。コミュニケーションの取り方がわからない。
と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

1、会話の始め方
  コミュニケーションをとるのが苦手という方で、まず最初に思うのが
  「何を話せばいいのか」ではないでしょうか?
  僕も、最初は何を話していいかわからず。常に質問されるのを待っていました。
  ですが、それではお客様は動きませんし、お話し好きな方ではない限り会話は成り立ちません。
  そこで、僕はよく「天気」「今話題になっていること」「自分のこと」を会話初めに使います。
  
  「天気」は、最近暑いですねとか最近は、雨が降り続いていますねなど気軽に会話を
  しやすいと思います。

   「今話題になっていること」は、今だと新型コロナなど、共通の話題なので
   話初めにいいかもしれません。

  「自分のこと」は、相手のことを聞くよりも自分の話をするのがいいと思います。
   例えば、僕だったら今子育て中で双子の女の子を子育てしています。
  という話や自分の経歴などを話すことがあります。最初にお客様のことを聞き出すことよりも
  自分の話をまず話して、僕はこういう人です。という自己紹介をすることで
  お互い緊張がほぐれます。

話を始めるきっかけだけ、わかってくれば自然に話が弾んでいきますし
担当してもらっているトレーナーさんがこんな人なんだと理解してもらえると思います。
なので、最初から筋肉のことやストレッチの話や名前だけの自己紹介ではなく
普通の話から始めると、自然に打ち解けてくると思います。
ある程度、打ち解けてきたときはお客様から質問がくると思います。
そうなったときに、身体の話やストレッチのこと、筋肉のことを説明されたほうが
すんなり、情報が入ってきて納得していただけると思います。

こういうコロナ禍だからこそ、これまで以上にお客様のことを考えていく必要があると思います。
それが、指名や継続に繋がっていくと思います。

もし、コミュニケーションの取り方などを詳しく知りたい方は、下記まで直接ご連絡ください。
少しでも、お力になれればと思います。

連絡先
メール:hiroasu0827@gmail.com
LINE:@tae8699s

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。